ブログ

「いただきます軽井沢講座」を開催します!

この秋、畑で、テーブルで、地域のことや季節のことをギュギュッと学べる講座が開催されます!

いただきます軽井沢講座

発端は、佐久で行われた、食育絵本「いただきます」のお披露目会でした。

これまで何度か、”地域密着の子供向けの本を作っている”とお話を聞いていて、実物を見たのが今年(2018年の夏)。

そして、佐久の地域風土から、伝統食、自然教育分野のことまで書かれいる本を目の当たりにし、
「この内容の充実度は素晴らしい!」と感動。
編集主幹の加藤信夫さんに、ぜひ軽井沢でも講座をやっていただけませんかとお願いしました。

そして、今回の実施となります。

調理実習だけでない、食べるを通した分野横断的な学び

今回の講座の魅力は、栄養成分的な観点の「調理実習」という取り組みだけでなく、
地域風土や、環境、文化、世の中の動き、などをシームレスに捉える、包括的な講座です。

誰しもが行う「食べる」という行為から、日常の外側を考えるキッカケを作るような、そんなイメージでしょうか。
以前、どなたかがおっしゃっていた、『食育は、全ての学びにつながる』という言葉は、本当にその通りだなと思います。

とはいえ、様々な食育の取り組みを拝見して、全ての学びにつながるものは意外と少ないのかな、という印象を抱いていました。
「いただきます軽井沢講座」は、五感を使って分野横断的な発見をする活動として、
体験とともに、ここだけでしか聞けないような、地域密着のミニ講座も行います。

へー!そうだったんだ!軽井沢って、佐久って面白いね。と、たくさんの発見が生まれますように。
(だって、学びや発見が多いことって、きっと楽しいですから。)

旬のもの、地域のものをふんだんに使った内容

旬のものって、美味しいですよね。
ああ、その季節が来たんだなあと、風情を感じて、食べる。最高です。

しかも、これって、実は栄養的にもとってもいいことなんですって。
心にも、体にも、美味しいって、もう言うことなしです。

いただきますの講座では、そんな旬のもの、地域のものを、その季節に美味しく食べられるように、
そして、子供達でも作れるように!
講師の先生方(高地先生・高州先生)が一生懸命考えてくださいました。

レシピは印刷してお渡ししますので、お家でも作ることができますよ。

親子でご参加ください^^

まだまだ、お伝えしたいことはたくさんありますが、長くなってしまうので、続きは次回以降に。

気になる参加費ですが、今回の講座は、5800円となっています。
これはお一人でなく、親子2名分の参加費です。(ご安心くださいね。)
また、こちらの中に、摘み取りの体験料と、2名さま分のランチ代、テキスト代が入っています。

摘み取り体験?と、思われた方。はい。そうなんです。
とっても素敵な農園さんで、調理に使う葉物野菜を摘み取らせてもらいます^^
畑の見学もさせていただくことになり、これが、、、と、また長くなってしまいますね汗
(ぜひ、次回に。)

以下に、チラシの画像を載せておきます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る