ABOUT

新たな発見と出会うキッカケをつくる

身の回りのこと、離れているけど繋がっている遠い世界のこと。
時には、仲間や家族、地域の新たな一面や、自分自身について。
今までと違って見える新たな発見。

当たり前の毎日を捉え直す再発見のキッカケを、
ネジを締める時に遊びが必要なように、関係性の余白を意図的に作り出し、
非日常となる「あそび」の活動を通して作り出します。

福原 未来

Fukuhara Miki

青山学院大学学校教育法履修証明プログラム修了認定ワークショップデザイナー
一般財団法人生涯学習開発財団認定 認定ワークショップデザイナー マスター
非営利活動法人日本モデルロケット協会 モデルロケット指導者ライセンス所持
科学・数学領域の参加体験型プログラムGEMSリーダー


軽井沢町社会教育委員
軽井沢町男女共同参画推進委員
軽井沢町地域包括センター 通いの場 介護予防活動支援講師(ボードゲーム)

2016年にあそび堂を開業。Iターン移住者。都会と地方の学習機会の格差に課題を感じ、プログラミング学習、食育、宇宙教育、まちづくり…など、幅広い分野において、時に専門家と協働しながら、体験や対話を通して実社会を再発見するワークショップを実施している。

また、ボードゲームを「ワークショップ的な場を誘起するコミュニケーションツール」と捉え、地域初のボードゲーム専門店を開業。販売だけにとどまらず、教育や介護予防、組織の関係性づくり等の目的に応じて、施設や団体に赴き、デモンストレーションを交えた活用提案を行う。

WORKS

2015年

・「創造性教育とはなにか」ワークショップ

・幼児教室でのSCRATCHプログラミングワークショップ

2016年

・あそび堂を開業

・プログラミング教室を開始

・「創造性教育とはなにか」ワークショップ

・科学・数学領域の体験学習講座GEMSワークショップ「電気回路」

・「モデリングロボット講座」 (信州大学工学部香山研究室共催)

2017年

・「軽井沢宇宙ロボット講座」

・美術館でのプログラミングワークショップ「軽井沢を表現しよう」

・「食と農の宝ツアー」企画支援

2018年

・「軽井沢宇宙ロボット講座」

・GEMSワークショップ「ウーブレック」(軽井沢青年会議所主催)

・「いただきます軽井沢」 (佐久商工会議所事業食育絵本「いただきます」メンバー協力)

2019年

・「子ども企画会議」(軽井沢町22世記風土フォーラムチームみらいえ事業)

・「軽井沢宇宙ロボット講座」

・「中軽井沢の未来を考えよう」(軽井沢町22世記風土フォーラムチームみらいえ事業)

2020年

・「みんなで話そう中軽井沢の未来」オンラインワークショップ

2021年

・モデルロケットを飛ばそう ワークショップ